特徴について

駆除

南京虫とシロアリの特徴について、わかりやすく説明します。
まずは、南京虫ですが、茶褐色の小さな昆虫で、人間の血液を吸って生活しています。
繁殖力がとても旺盛で、日中はベッドの裏や畳の隙間などに隠れて生活し、卵を産み付けてドンドン増えていきます。

南京虫は夜中に活発に動き、血液を吸うのですが、これに刺されると、ものすごい痒みに襲われ、目が覚めてしまうほどです。
現在問題となっている南京虫は、海外から持ち込まれたもので、殺虫剤が効かなくなっています。
ですから、なおさら厄介な害虫と言えるのです。
シロアリについては、多くの人が知っている通り、家を食い荒らす恐ろしい害虫です。
主に、ヤマトシロアリとイエシロアリによる被害が多く報告されています。
自然界では土の中を移動しますから、家に侵入する際は、必ず床下部分から侵入することになります。
侵入する過程で、コンクリート造りの基礎の上を通る必要がありますが、この時には蟻道を作ってその中を通って移動するのです。
一度侵入を許すと、木材の中で繁殖を繰り返し、食害された木材はスカスカの状態になってしまいます。
南京虫やシロアリを駆除する方法としては、害虫駆除業者を探して、駆除してもらうのが確実です。
害虫駆除業者の探し方は、インターネットの一括見積もりサイトなどを使うと便利です。
このサイトを使えば、料金相場が分かりますし、安い料金で施工してくれる業者も分かりますから、依頼する側からするととても助かるのです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031